『新たな社会的住宅 開発×運営の試み -事例紹介- 』トモ住み書店で受付中

新たな社会的住宅の 創出×運営の試み ー 実例紹介 ー
¥ 500(送料込)

平成29年度 国土交通省 先駆的空き家対策モデル事業の一環として制作した小冊子が完成、配布を開始しました。

空き家を活用して住まいのセーフティーネットをつくる試みが、企業から自治体、NPOまで、さまざまな団体によって始められています。 この小冊子では、マスコミ等で先進的として取り上げられている13の“新たな社会的住宅”の運営者を取材、それぞれの事業の成り立ちの経緯と、運営ノウハウにフォーカスしてお話を伺っています。また、空き家活用例だけでなく、これからの住宅セーフティーネット形成に資する事業、空き家活用の有効性が考えられるものについても紹介しています。

2018年3月発行/A4版32ページ/500円(送料込)

入手ご希望の方はこちらから>>