テイストが正反対だけど染みる英国映画2本

『わたしは、ダニエル・ブレイク』と『TS2 トレイン・スポッティング』を立て続けに見ました。前者は引退撤回したケン・ローチ監督作品、かたやダニー・ボイル監督が一世を風靡した大ヒット作の続編。現代社会の格差と貧困、ここまでテイストが真反対な映画をつくれるものなんだとアタマがクラクラしました(@_@;)